牛革のランドセルでHAPPY│人気の色や素材をCHECK

小学生

上質の製品

男の子

ランドセルは小学校の間使っていくものなので、良いものを使ってもらいたいというように考える人も多いです。天然皮革の中でもよく利用されているものが牛革で、長年使うことにより風合いが増していきます。

6年間使うもの

ランドセルの素材やデザイン

笑顔

小学校入学と聞くとまず思い浮かぶのがランドセルですが、最近のランドセルにはどのようなものがあるのでしょうか。 まず素材ですが、ランドセルの素材は大きく2つに分けることができます。一つ目は天然皮革。牛革や、コードバンという馬の臀部の革を使用したものが代表的です。手触りがよく、使い込むほどに風合いが増していきます。二つ目は人工皮革。クラリーノが代表する人工皮革は、軽量で耐水性・耐傷性に優れています。 次にデザインですが、刺繍や装飾、本体や糸の色など、豊富なラインナップが取り揃えられています。お店によってはカスタマイズができ、より子供の個性に合わせたランドセルを購入することができます。 現在ではお店で直接購入するだけでなく、通信販売で購入する人も増えています。その際に重要となるフィット性ですが、遠方で来店することができないお客様のために、全国各地で展示会を開いたり、ランドセルの貸出サービスを行っているお店もあるようです。

好みに合わせた様々な通学用鞄

近年ランドセルの使用率が高まっており、約7割の小学生が6年生までランドセルを使用しているというデータがあります。しかし、地域によっては初めからランドセル以外の鞄で通学していたり、高学年になると別の鞄の使用率が増えたりと様々です。 よく使用されている鞄としては、リュックサック、肩掛け鞄、手提げ鞄などがありますが、京都や小樽など特定の地域では、独自に開発されたリュックサック型の鞄が広く使用されているようです。 これらはランドセルに比べて安価なものが多く、子供の好みや体格の変化に合わせて柔軟に変更することができます。子供が通う予定の小学校で通学用鞄に指定がなかった場合、こういった商品も検討の対象にしてみるのもいいかもしれません。

カラーと重さ

ランドセル

現在のランドセルは色が豊富で様々なバリエーションのカラーがあります。女の子に人気のカラーがピンクや赤で、男の子には黒や紺が人気があります。牛革のランドセルは、軽く感じるように様々な工夫が行われています。

値段と機能の比較

子供

現在作り方として大手メーカーが大量生産しているものとオーダーメイド型があります。それぞれメリットがあるので性能と価格のバランスが取れたものを選んでいくことが大切です。